goTop

美並ロイヤルカントリークラブ会員権ニュース

(ミナミロイヤルカントリークラブ)
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2015/12/08 ゴルフ場閉鎖のお知らせ

同クラブは、今シーズン(平成27年12月15日)を以ってゴルフ場を閉鎖します。

2006/01/25 ロイヤルヴィレッジGCが買収

市川造園土木グループの(株)ロイヤルヴィレッジゴルフ倶楽部(株)が、美並カントリークラブを買収したことが、先ごろ分かった。
同ゴルフ場は、昭和48年に設立された(株)さくらんぼ高原総合開発(株)が開発し、63年にオープンした。会員制で約2800名の会員を抱えており、預託金の償還問題が発生。限界に達したことから、破産の申立を決断。
その申立前に、ゴルフ場施設の売却に関する入札を行い、(株)ロイヤルヴィレッジGCが選定され、平成17年12月中旬には売買が成立したもの。売買価格は、推定で約2億円となっている。
買収条件は、従業員の雇用確保とプレー権の維持で、従業員は平成18年3月1日付けで(株)ロイヤルヴィレッジGCが再雇用し、会員に対しては無額面で譲渡可のプレー会員権を付与する予定となっている。市川会長は「コースは良いとはいえないが、コース、設備を2~3年かけて充実すれば見違えるほどよくなると思う」と語っている。
その対策の一つとして、冬季クローズ期間中に乗用カート導入(昨年までは電磁誘導カーと使用(株)のためカート路を整備する計画としている。また、ゴルフ場名は「美並ロイヤルカントリークラブ」にする予定。ちなみに、(株)ロイヤルヴィレッジGCとしては10コース目のゴルフ場で、市川造園土木グループでみると21コース目のゴルフ場となる。
ところで、破産申立を準備していた(株)さくらんぼ高原総合開発は、1月24日に自己破産を名古屋地裁に申し立てた。負債は約60億円で、その内の約58億円が預託金という。また、預託金債権に対する配当は、ほとんど期待できないという。
=ゴルフ特信=

2006/01/24 自己破産申請のお知らせ

(株)さくらんぼ高原総合開発は、、2006/1/24名古屋地裁に申し立てた。
負債は約60億円。

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟