goTop

望月カントリークラブ会員権ニュース

(モチヅキカントリークラブ)
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2014/01/09 経営会社民事再生手続終結決定について

同クラブの経営会社である東信観光開発(株)は、再生計画認可決定確定後3年が経過したとして、平成25年11月26日付で長野地裁より再生手続の終結決定を受けた。

2012/02/02 名義書換料改定のお知らせ

名義書換料値下げ 既に実施
改定前[正会員]21万 ⇒ 改定後[正会員]10.5万

2010/09/01 自主再建型の再生計画案が可決

今年1月29日に長野地裁に再生法の適用を申請した東信観光開発(株)の債権者集会が8月26日に開かれ、自主再建型の再生計画案を賛成多数で可決、同日同地裁から認可決定を受けた。

決議結果は、出席債権者数796名の内の95.85%に当たる763名の賛成、議決権総額では79.95%の賛成で、再生法の可決要件を満たした。

計画案は、基本的には会員を含む一般債権者へは、債権額(預託金額)の98.5%をカットした後の1.5%を3回(1回目は平成22年12月末日まで、2回目は27年12月末日まで、3回目は32年12月末日まで)に分けて配当する。

ただし、債権額が1700万円を超えた一般債権者や、数口の会員権を保有し合計金額が1700万円超となる会員に対しては、1700万円まで1.5%を配当し、超えた部分は0.1%を配当する。

会員の再生条件は、退会会員は再生計画認可決定確定日から2ヵ月以内に退会届を提出、継続会員は配当1.5%の内の1万円を新預託金(据置期間10年)とした新証券を発行し、その1万円を差し引いた配当金を3回に分けて支払う。

2010/07/21 再生計画案、1万円が新預託金に

1月29日に長野地裁に再生法の適用を申請した東信観光開発(株)は、このほど再生計画案を会員等の債権者に送付した。

自主再建型の計画案で、基本的には会員を含む一般債権者へは、債権額(預託金額)の98.5%をカットした後の1.5%を3回(1回目は平成22年12月末日まで、2回目は27年12月末日まで、3回目は32年12月末日まで)に分けて配当。

ただし、債権額が1700万円を超えた一般債権者や、数口の会員権を保有し合計金額が1700万円を超えた一般債権者や、数口の会員権を保有し合計金額が1700万円まで1.5%を配当し、超えた部分は0.1%を配当するとしている。

退会を希望する会員は再生計画認可決定確定日から2ヵ月以内で退会届を提出する必要がある。

また、継続会員には配当の1.5%の内1万円を新預託金(据置期間10年)とした新証券を発行し、その1万円を差し引いた配当金を3回に分けて支払う。

この他に、名義書換えを完了していない会員権所有者は、認可決定確定日から2ヵ月以内に名義書換料を支払い入会すれば、継続会員として扱う。

別除債権者(債権額は3億2400万円)の別除権不足額部分は一般債権者と同様の扱いとする。

これら配当金の原資は、手持ち資金および今後の事業収益を充てるとしている。

なお、確定した債権者総数は1289名で、その債権総額は26億1258万円余。

債権者集会(書面投票と併用)は8月26日に開かれる。

2010/01/29 民事再生手続き開始申請のお知らせ

経営会社の東信観光開発(株)は、平成22年1月29日に長野地裁へ民事再生手続開始を申請し、同日監督命令を受けた。

負債総額は債権者約1300名に対して約26億2500万円(うち預託金が約22億円)。

2004/05/01 名義書換料改定のお知らせ

2004/5/1より値下げ実施
改正前 [正会員] 52.5万 → 改正後 [正会員] 21万

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟