goTop

本千葉カントリークラブ会員権ニュース

(ホンチバカントリークラブ)
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2016/10/15 コースレポート追加しました
2014/12/22 年会費改定のお知らせ

平成27年1月(平成27年度分)より年会費を下記のとおり改定
改定前[正会員]4万円(税込)  ⇒ 改定後[正会員]4.104万円(税込)
改定前[平日会員]2.8万円(税込)  ⇒ 改定後[平日会員]2.862万円(税込)
改定前[週日会員]2.2万円(税込)  ⇒ 改定後[週日会員]2.268万円(税込)

2014/08/05 コース写真を追加しました  ゴルフ場の写真 本千葉カントリークラブ ゴルフ場の写真
2013/08/05 コースレポート追加しました
2013/07/03 経営母体会社変更に伴う経営会社代表取締役交代について

同クラブの経営母体会社が平成25年6月12日付で変更したことに伴い、経営会社の代表取締役が下記のとおり交代。

①経営母体会社の変更
【変更前】(株)Izanami Holdings1
【変更後】(株)サンカジロ
②経営会社((株)本千葉カントリークラブ)の代表取締役交代
【旧】代表取締役 岩崎 拓
【新】代表取締役 上代 修二

2013/05/13 名義書換料・減額(充当)キャンペーンのお知らせ

同クラブでは平成23年1月2日より実施している『名義書換預託金を一時休止するキャンペーン』に加え、平成25年5月25日より『名義書換料の減額(預託金証書額面からの充当)キャンペーン』を下記のとおり実施します。

【キャンペーン内容】
名義書換時に発生していた名義書換預託金を一時休止とし、名義書換料のみとするキャンペーンに加え、更に名義書換料を最大20万円減額するキャンペーンを実施。但し、この20万円については、預託金証書額面からの充当となる。尚、譲渡人が従前の『100万円の名義書換預託金証書』を持っている場合の書換については、月間5件を限度とする。

【キャンペーン料金】
・名義書換預託金
通常[正会員]100万円  ⇒ 0円
通常[平日会員]70万円  ⇒ 0円
通常[週日会員]70万円  ⇒ 0円
・名義書換料(最大で20万円の充当)
通常[正会員]63万円  ⇒ 43万円(充当額:20万円)
通常[平日会員]31.5万円  ⇒ 21.5万円(充当額:10万円)
通常[週日会員]31.5万円  ⇒ 21.5万円(充当額:10万円)
・同一法人内記名者変更料
通常[正会員]63万円  ⇒ 10.5万円
通常[平日会員]31.5万円  ⇒ 10.5万円
通常[週日会員]31.5万円  ⇒ 10.5万円
・相続及び贈与(配偶者及び直系一親等)
通常[正会員]31.5万円  ⇒ 10.5万円
通常[平日会員]21万円  ⇒ 10.5万円
通常[週日会員]21万円  ⇒ 10.5万円
【入会視察プレーについて】
名義書換料減額キャンペーンに伴い、入会視察プレーを実施します。

・視察プレー料金
◎平日:メンバーフィ ◎土・日祝日:1.2万円
※プレー代・カートフィ含む(昼食代・ロッカーフィ等は別途)
※視察プレーのお申込は、弊社まで。

2010/12/20 1/2より名義書換キャンペーン

2011/1/2より預託金を一時休止 *50件に到達するまで
書換時に発生している名義書換預託金(正会員:100万円・平日会員70万円)を一時休止とし、名義書換料のみとし、一部の書換料を値下げ。

<名義書換預託金>
正会員(個人・法人・相続)100万円 ⇒ 0円
平日会員(個人・法人・相続)70万円 ⇒ 0円
<名義書換料>
[正会員(個人・法人)] 63万(据置き)
[平日会員(個人・法人)]31.5万(据置き)
[週日会員(個人・法人)]31.5万(据置き)
[家族会員]       31.5万(据置き)
【同一法人内】
正会員 [従来]63万 ⇒ [キャンペーン中]10.5万
平日会員[従来]31.5万 ⇒ [キャンペーン中]10.5万
【相続・贈与】
個人正会員 [従来]31.5万 ⇒ [キャンペーン中]10.5万
個人平日会員[従来]21万 ⇒ [キャンペーン中]10.5万
個人週日会員[従来]21万 ⇒ [キャンペーン中]10.5万
**相続・贈与の範囲は配偶者及び直径一親等

2009/02/17 1/1より年会費改定

2009/01/01より年会費(会計年度:1月~12月)を値上げ
改正前 [正会員]  21,000円 → 改正後 [正会員] 40,000円
改正前 [平日会員] 14,700円 → 改正後 [平日会員] 28,000円
改正前 [週日会員] 11,550円 → 改正後 [週日会員] 22,000円

2007/11/07 外資系のイザナミの運営に

(株)本千葉カントリークラブの発行済み全株式を9月26日付けで外資系企業が取得し、傘下に収めていたことがわかった。

平成8年12月から東京の不動産会社・陽光グループが運営を行ってきた。

取得したのは(株)Izanami Holdings1(イザナミホールディングス1、現在同社名に登記変更中、岩崎拓代表取締役、資本金6億円)で、同社によると陽光グループの経営方針から今回の株式譲渡に至ったとしている。

ゴルフ場の運営はイザナミホールディングス1の関連会社・(株)Izanami(以下イザナミ、岩崎代表、資本金2億2000万円)に委託している。

イザナミ及びイザナミホールディングス1は、外資系の不動産・プライベートエクイティ投資ファンドの運用会社「グローブ・インターナショナル・パートナーズ・ジャパン・エルエルシー」(以下グローブ社)の子会社で、グローブ社は両社のほかにも、(株)マタキテ山脈の4社を設立している。

=ゴルフ特信 提供=

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟