goTop

伊豆湯ヶ島倶楽部golf&Resort会員権ニュース

(イズユガシマクラブゴルフアンドリゾート)
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2009/08/19 伊豆市、御前崎市等でG場に一部被害

8月11日午前7分頃の駿河湾を震源とするマグニチュード6.5の地震でゴルフ場に多少の被害が出ている。

最大震度6弱を記録した伊豆・焼津・牧之原・御前崎の4市に所在するゴルフ場と、その近隣のゴルフ場を取材した。

伊豆半島の伊豆市にある10コースで、コースに被害があったのは2コース。

修善寺CCは地割れ、また一部被害があったが、プレーに支障はなく当日も営業した。

クラブハウスや付帯設備では、備品が倒れたりしているのが2コース。

伊豆湯ヶ島Cでは、源泉からホテル兼ハウスに引いた温泉パイプが破損した。

地震の被害は比較的軽微だったが、当日は台風9号が県の南海上を通過したことから、地震と台風のダブルパンチでキャンセルが続出。

ほとんどのゴルフ場が「約半数がキャンセル」と答えている。

キャンセル続出で当日、臨時クローズしたのは
伊豆GC
伊豆スカイラインCC
伊豆湯ヶ島Cの3コース。

来場(1組)したが、「そのまま帰ってもらった」というゴルフ場もある。

いずれにしろ3コースは当日クローズしただけで、翌日は営業予定(8月11日段階)という。

また、
天城高原Gコースは台風の被害はなかったが落雷により停電して電話も不通の状態になったが営業は続けている。

一方、残る3市の状況は、
静岡CC浜岡C&H(御前崎市)では、カートのループ線が切断し乗用カートの誘導ができなくなり、ハウス兼ホテルではボトルが落ちたという。

同ゴルフ場は37ホールだったため、当日は18ホールで営業を行った。

周辺の
菊川CC(菊川市)では売店の窓ガラスが割れた他に物品が散乱し、
ホロンCC(同)では浄化槽が破損したという。

計6コースを取材したが、いずれも被害はナシか軽微だった。

むしろキャンセルによる営業被害が大きいようだ。

加えて、東名高速の牧之原サービスエリア(静岡県)付近で、長さ約40メートルにわたって高速道路の路肩や車線の盛り土が崩れて通行止めになった影響が心配という。

現段階では8月13日に復旧の見込みだが、3市周辺のゴルフ場はアクセスが低下して来場者減になるとみられる。

いずれにしろ、地震の他に全国的に豪雨の被害もあるだけに、ゴルフ場の入場者数の動向が注目される。

=ゴルフ特信 提供=

2006/07/01 平成18年7月16日に新生オープン

新経営を迎えて、コースやクラブハウス兼ホテルのリニューアルを行っている同倶楽部は、7月16日に新生オープンすることを決めた。

アセット・マネジャーズ(株)の子会社・(株)アルバトロスが、(株)湯ヶ嶋高原倶楽部の破産管財人から同ゴルフ場施設(昨年5月に営業停止)を昨年8月に買収し、9月からコースの整備やハウス兼ホテル(59室)の全面改造を行ってきた。

今年4月28日からは、承継会員(現在約950名)を対象に金・土・日曜日及び祝日に限り視察プレーを受け入れている。視察プレーは6月18日までの予定だったが、好評なため、1~2週間延長するという。ちなみに、グランドオー分後のプレースタイルは乗用カートによるセルフプレー。
プレー料金は利用税を含めた一括料金で、ビジターが平日1万4700円、土日祝日(原則メンバー同伴)1万9900円に設定しているが、オープン記念で平日ランチパックを9000円(昼食付き、利用税・入場税別)、平日宿泊パックを1万6500円(ホテル1泊、朝食・昼食付き、税は別)で8月31日まで実施する。

会員のプレー料金は、平日5000円、土日祝日7000円。

=ゴルフ特信=

2006/04/01 コース名変更のお知らせ

旧コース名:湯ヶ島高原倶楽部
新コース名:伊豆湯ヶ島倶楽部golf&Resort

2005/11/09 ホテル等改修後、来春オープンへ

営業再開は来春予定となりそう。同ゴルフ場と付帯するホテル(60室)等を経営する(株)湯ヶ嶋高原倶楽部は、平成17年5月9日に東京地裁から再生手続きの廃止決定を受けて、同月からゴルフ場等の営業を停止し、6月22日に破産手続きの開始決定を受けた。

管財人は営業停止後に、ゴルフ場等施設の売却先を模索し、アセット・マネジャーズ(株)に売却することを決めた。このため、アセット・マネジャーズ(株)が早期に営業を再開すると見られていたが、同社は①コースやホテルを改修、②ハイシーズンにリニューアルオープン等の理由から、来春から営業することになったと説明している。

コースの改修は芝やカート路の補修などだが、ホテルは内装を一新するとしている。ところで、旧会員の処遇については、破産ということから当然の如く預託金は引き継がないが、会員のプレー権については、”譲渡不可”ながら保全するとしている。
一代限りではあるが相続については認める方針のようだ。なお、コースメンテナンス等は9月からアセット・マネジャーズ(株)側の負担で行っている。
=ゴルフ特信=

2005/08/12 アセット・マネジャーズグループが買収

平成17年6月22日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた、同倶楽部の売却先が内定した。
7月29日に裁判所の許可を得て同日、管財人とアセット・マネジャーズ(株)グループは、事業資産譲渡に関する基本合意書を締結した。アセット・マネジャーズは大証ヘラクレスに上場する企業で、マーチャント・バンキング事業(投資銀行業務)をメイン事業としている。
投資家からの資金で、法的整理となった企業の不動産へ投資する他に、企業のM&Aや再生を行っている。大阪にある茨木京都ホテルを、ホテル日航茨木大阪として再生したのが同社グループ。

同社グループは、ゴルフ場・ホテル(60室)など資産(余剰地含め全体面積195.8ヘクタール)を買収(買収費未公表)して、再生する考え。8月10日頃には正式契約し、8月下旬には譲渡を受ける予定としている。ゴルフ場は現在閉鎖中だが、譲渡後に出来るだけ早く営業を再開する考えのようだ。
会員の処遇に関しては検討中としているが、拠出金の有無は別として同社は「プレー権は原則引き継ぐ」と語っている。また従業員に関しては、同社の理念として、「基本は継続雇用」と語っており、再雇用する方針を示している。
同社グループが、ゴルフ場経営・運営に進出するのは初めて。その目的について「ホスピタリティ&ウェルネス事業の一環として、活動するシニア層向けのビジネスとして、健康とゆったりとした時間とサービスを提供する施設として再生するため」と説明している。
いずれにしろ、正式契約後に会員の処遇や新しい営業内容等を決定・発表すると見られる。
=ゴルフ特信=

2005/06/09 会員が「破綻に反対」で抗告

東京地裁が平成17年5月9日に同倶楽部に対して民事再生手続きの廃止決定を下したことを不服として、5月27日に東京高裁に対し即時抗告を申し立てた。

即時抗告申立書によると、会員(預託金3200万円)は、
1)会社側が提示した民事再生計画案は、優先的施設利用権(プレー権)を一切の追加金を要せず保護する内容なので、預託金の0.3%という配当はやむを得ない、
2)破産続きに移行した場合、追加金なしでプレー権の保護が認められる保証は一切無い
3)5月15日から営業停止になり、営業再開見込みは未定
4)再生手続きの廃止前に再生計画の変更の可否を考慮する必要がある
5)廃止決定に、会員の意見が反映されていない 等と説明。

当初スポンサーとして選定されたエルメス社への事業譲渡価格は13億円だったが、適正価格を大きく上回っているため同社はスポンサー契約を解約(解約が主な要因で再生手続き廃止)したとして、譲渡価格を引き下げるように提案した。
その上で、適正な価格になればスポンサーの選定は十分可能としている。このことから会員は「再生計画の変更が可能なので、廃止決定を取り消す」ように主張している。
会員が破産につながる裁判所の再生手続き廃止決定に異議を申し立てた例は、初めてと見られる。このため高裁の判断が注目されるところだ。
抗告代理人の西村弁護士は「安直な再生手続き廃止に警鐘を鳴らす意味で申し立てた。裁判所は、会員等の利害関係者の意見を十分聞いた上で、廃止するかどうかの判断をして頂きたい」と語っている。この抗告もあり破産の手続きは中断している。
=ゴルフ特信=

2005/05/26 再生手続廃止で営業停止

東京地裁は平成17年5月9日に湯ケ嶋高原倶楽部経営の(株)湯ケ嶋高原倶楽部に対して民事再生手続の廃止決定を下し、同日保全管理人は、同日から同倶楽部をクローズした。

同社は昨年3月に民事再生法の適用を申請(負債約393億881万円)し、9月15日の債権者集会で再生計画案が可決、その後認可決定確定を受けていた。

しかし、営業譲渡先として予定していたフランスの投資会社が、営業譲渡代金を支払わなかったため、会社側は新たな譲渡先を模索していたが結果が出ず、今回の廃止決定になった。廃止決定確定後、裁判所の職権で同社に破産手続開始決定が下される見込み。

保全管理人(破産後に破産管財人に就任予定)は、2カ月位を目安にしてホテルを含むゴルフ場施設を営業譲渡する意向を示し、譲渡先として複数の企業が立候補した場合は入札を行う考えとしている。

会員のプレー権の確保や従業員の再雇用を条件にする方向で、譲渡先と折衝する。譲渡先が経営に入るまでは、コース及びクラブハウス兼ホテルのメンテナンスや管理を続け、良好な状態を保つとしている。このため、コースやホテル等の管理要員を配置した。

=ゴルフ特信=

2004/03/24 民事再生手続き開始申請のお知らせ

(株)湯ケ嶋高原倶楽部は平成16年3月24日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

負債額の合計は約393億881万円。

2001/07/16 名義書換再開のお知らせ

2001/7/16より名義書換再開
名義書換料 [正会員] 31.5万
相続・贈与 15万円 同一法人内 5万円

2001/05/17 名義書換停止のお知らせ

2001/5/17より2001/6/30まで名義書換停止
会員権分割業務の為

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟