goTop

法仙坊ゴルフ倶楽部

 
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2018/01/10 名義書換料半額キャンペーンのお知らせ

同倶楽部では、名義書換料半額キャンペーンを下記のとおり実施しています。
【キャンペーン期間】
平成30年1月1日より同年3月31日まで(期間限定)
【名義書換料】
通常料金[正会員]40万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]20万円(税別)

2016/10/11 名義書換料半額キャンペーンのお知らせ

同倶楽部では、名義書換料半額キャンペーンを下記のとおり実施しています。
【キャンペーン期間】
平成28年10月1日より平成29年3月31日まで(期間限定)
【名義書換料】
通常料金[正会員]40万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]20万円(税別)

2008/06/04 ユニマットリバティー、資産管理会社を吸収合併へ

ゴルフ場事業会社である(株)ユニマットリバティーは、グループゴルフ場の資産保有会社である(株)ユニマットヒルズとホテル・リゾート施設保有の(株)ユニマットガイアと合併し、2社の権利・業務をすべて継承して存続し、2社は解散することに決めた。
5月28日付け、官報で公告しており、合併期日は7月1日を予定。
昨年4月1日付けでゴルフ場保有会社を合併し(株)ユニマットヒルズに統一していたが、今回の合併でゴルフ場の運営・所有資産の管理とも(株)ユニマットリバティーに統一される。
=ゴルフ特信 提供=

2007/01/24 再生計画案認可決定

法仙坊ゴルフ倶楽部関係の2社が再生計画案の決議を行い、ともに可決したことが分かった。
同GCの運営会社で会員預託金の預け先の竃@仙坊ゴルフ倶楽部は12月26日までを期限とした書面投票で可決し同28日付けで名古屋地裁から認可決定を受けた。
また施設所有の法仙坊開発(株)は12月28日までを期限とした書面投票で可決し、1月4日付けで同地裁から認可決定を受けた。
同GCはユニマットグループの(株)ユニマットリバティーをスポンサーにして再建する方針。
債権者の大半が会員の(株)法仙坊ゴルフ倶楽部は、97%カット後の3%を再生計画認可決定確定後3ヶ月以内に一括弁済する。
継続を希望する会員はその3%を再預託(償還期限は平成23年5月31日若しくは退会の日のいずれか遅い方に変更)、未分割の会員には分割を認める等など。同社は債権者への弁済を終了後、清算する。
一方、施設所有の法仙坊開発鰍ヘ資本金を100%減資後、新株発行によりユニマットリバティーの子会社となる。同開発は継続を希望する法仙坊GCの会員を継承(預託金の3%を免責的に引受け)し、(株)法仙坊GCとのゴルフ場賃貸借契約を解約後、ユニマットリバティーに運営を委託する方針で、同開発は資産所有会社として存続することとなっている。

2006/10/07 スポンサーにユニマットグループ

平成18年9月7日に会員説明会を開催した。
説明によると、スポンサー型の再建を目指す方針で、スポンサーは、ユニマットグループの(株)ユニマットリバティーと発表した。
現地従業員や会員のプレー権を継承して、ゴルフ場の運営を続ける。具体的な再建方法や債権者への弁済等については、今後立案する予定の再生計画案で明らかにする方針という。

2006/09/06 民事再生手続き開始申請のお知らせ

法仙坊ゴルフ倶楽部(岐阜県)の経営会社である(株)法仙坊ゴルフ倶楽部並びに関連会社の法仙坊開発(株)は、平成18年9月1日に名古屋地裁へ民事再生手続開始を申請し、同日保全命令を受けました。
負債は、竃@仙坊ゴルフ倶楽部が約125億円、法仙坊開発(株)が約99億円で、2社合計で約224億円。

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟