goTop

新白河ゴルフ倶楽部

 
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2017/11/02 ゴルフ場閉鎖のお知らせ

同倶楽部は、平成30年3月31日の営業を最後に、ゴルフ場を閉鎖します。

2012/03/16 名義書換料改定のお知らせ

同倶楽部の名義書換料が下記の通り改定 既に実施
改定前[正会員]31.5万 ⇒ 改定後[正会員]15.75万
改定前[平日会員]15.75万 ⇒ 改定後[平日会員]5.25万

2007/06/29 スポンサー型の再生計画案可決

昨年12月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した叶V白河ゴルフ倶楽部の債権者集会が6月20日に開かれ、スポンサー支援型の再生計画案を賛成多数で可決、即日同地裁から認可決定を受けた。
決議結果は、出席者債権者数93.38%の賛成、議決権総額でも80%を超える賛成で、再生法の可決条件を満たした。
再生計画認可決定確定から3ヵ月以内に同社の資本金4850万円を100%減資し、新規に発行する株式をスポンサーに割り当てるとした内容になっている。
スポンサーとなるのは、潟tライス。
同社の代表取締役は、塩原CC渇膜エゴルフクラブの代表も務める高橋正明氏で、同氏によるとフライスは支援者から資金の全面提供を受けて、株忠ヘGCの再生に協力することになったと説明。
全会員には預託金の1.2%を認可決定確定から3ヵ月以内に弁済。
プレー権は、会員が退会を申し出ない限り、譲渡可で無額面のプレー会員権となる。
潟tライスとしては、塩原CCと新白河GCの会員の相互利用を図る考えもあるようで、様々な面で相乗効果を期待している模様だ。

2006/12/11 民事再生手続き開始申請のお知らせ

新白河ゴルフ倶楽部(福島県)の経営会社である(株)新白河ゴルフ倶楽部は、平成18年12月4日に東京地裁へ民事再生手続開始を申請しました。
負債は約30億円。

2006/12/04 名義書換停止のお知らせ

2006/12/4より名義書換停止
民事再生申請に為

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟