goTop

隨縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部

 
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2018/01/24 名義書換料減額期間延長

同倶楽部では、名義書換料の減額期間を下記のとおり延長します。
【減額期間】
平成30年12月31日まで(期間限定)
※平成29年12月31日までとしていた減額期間を1年間延長
【名義書換料】
通常料金[正会員]100万円(税別) ⇒ 期間限定料金[正会員]35万円(税別)
通常料金[平日会員]30万円(税別) ⇒ 期間限定料金[平日会員]20万円(税別)
通常料金[週日会員]25万円(税別) ⇒ 期間限定料金[週日会員]15万円(税別)
通常料金[エリア会員]25万円(税別) ⇒期間限定料金[エリア会員]15万円(税別)
※同一法人内は各半額とする
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5万円(税別)とする

2016/12/28 名義書換料減額期間延長

同倶楽部では、名義書換料の減額期間を下記のとおり延長します。
【減額期間】
平成29年12月31日まで(期間限定)
※平成28年12月31日までとしていた減額期間を1年間延長
【名義書換料】
通常料金[正会員]100万円(税別) ⇒ 期間限定料金[正会員]35万円(税別)
通常料金[平日会員]30万円(税別) ⇒ 期間限定料金[平日会員]20万円(税別)
通常料金[週日会員]25万円(税別) ⇒ 期間限定料金[週日会員]15万円(税別)
通常料金[エリア会員]25万円(税別) ⇒期間限定料金[エリア会員]15万円(税別)
※同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5万円(税別)

2016/04/05 年会費改定のお知らせ

同倶楽部では、平成28年4月(平成28年度分)より年会費を下記のとおり改定しました。
改定前[正会員]3万円(税別) ⇒ 改定後[正会員]5万円(税別)
改定前[平日会員]2万円(税別) ⇒ 改定後[平日会員]3.3万円(税別)
改定前[週日会員]1.5万円(税別) ⇒ 改定後[週日会員]2.5万円(税別)
改定前[エリア会員]2万円(税別) ⇒ 改定後[エリア会員]3.3万円(税別)

2015/12/28 名義書換料減額期間延長

同倶楽部では、名義書換料の減額期間を下記のとおり延長します。
【減額期間】
平成24年5月15日〜平成28年12月31日まで(1年間延長)
【名義書換料】
通常料金[正会員]100万円(税別) ⇒ 期間限定料金[正会員]35万円(税別)
通常料金[平日会員]30万円(税別) ⇒ 期間限定料金[平日会員]20万円(税別)
通常料金[週日会員]25万円(税別) ⇒ 期間限定料金[週日会員]15万円(税別)
通常料金[エリア会員]25万円(税別) ⇒期間限定料金[エリア会員]15万円(税別)
※同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5万円(税別)

2014/12/25 名義書換料減額期間延長

名義書換料の減額期間を下記のとおり延長
【減額期間】
・平成24年5月15日〜平成27年12月31日まで
【名義書換料】
通常料金[正会員]100万円(税別) ⇒ 期間限定料金[正会員]35万円(税別)
通常料金[平日会員]30万円(税別) ⇒ 期間限定料金[平日会員]20万円(税別)
通常料金[週日会員]25万円(税別) ⇒ 期間限定料金[週日会員]15万円(税別)
通常料金[エリア会員]25万円(税別) ⇒期間限定料金[エリア会員]15万円(税別)
※同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5万円(税別)

2013/12/25 名義書換料減額期間延長について

名義書換料の減額期間を下記のとおり延長
【減額期間】
・平成24年5月15日〜平成26年12月31日まで
【名義書換料】
通常料金[正会員]105万 ⇒ 期間限定料金[正会員]36.75万
通常料金[平日会員]31.5万 ⇒ 期間限定料金[平日会員]21万
通常料金[週日会員]26.25万 ⇒ 期間限定料金[週日会員]15.75万
通常料金[エリア会員]26.25万 ⇒期間限定料金[エリア会員]15.75万
※同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5.25万

2012/05/15 名義書換料期間限定値下げ

期間限定で名書換料値下げを実施
平成24年5月15日より同年12月31日まで
改定前[正会員]105万 ⇒ 改定後[正会員]36.75万
改定前[平日会員]31.5万 ⇒ 改定後[平日会員]21万
改定前[週日会員]26.25万 ⇒ 改定後[週日会員]15.75万
改定前[エリア会員]26.25万 ⇒ 改定後[エリア会員]15.75万
※同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ5.25万

2011/03/09 名義書換再開のお知らせ

平成23年4月1日より名義書換再開
・名義書換料
[正会員]   105万
[平日会員]  31.5万
[週日会員]  26.25万
[エリア会員] 26.25万
・同一法人内
[正会員]   26.25万
※正会員以外の同一法人内は各半額
※一親等内相続・贈与は書換手数料のみ 5.25万

2008/02/27 3/1より会員募集

2008/3/1より正会員の新規募集を開始。
募集金額は、入会金のみの105万円(税込み)。
縁故募集で、正会員2名の紹介が必要。
入会条件は名変同様、
@30歳以上。
A原則日本国籍。
募集窓口はコース。
=ゴルフ特信 提供=

2008/01/25 社名変更のお知らせ

2月1日付けで会社名を変更
旧社名:(株)隨縁カントリークラブ ⇒ 新社名:(株)隨縁リゾート

2007/12/25 名義書換停止のお知らせ

2008/2/1〜2009/1/31(予定)名義書換停止
*新規会員募集の為

2007/01/01 コース名変更のお知らせ

旧コース名:軽井沢900倶楽部
新コース名:随縁軽井沢ナインハンドレッド倶楽部

2006/08/20 ホテルモントレグループ(マルイトグループ)の系列傘下に

平成4年に開場した大久保グループの軽井沢900倶楽部が、平成18年8月1日からホテルモントレグループ(マルイトグループ)の系列下に入ったことが明らかになった。
同グループによると、7月上旬に同倶楽部を経営する国際観光開発(株)等と契約し、ゴルフ場施設や営業権、従業員等の一切を引き継いだとしている。
ゴルフ場用地やクラブハウスの所有権は、同グループの中核会社となる丸糸殖産(株)に移転し、従業員は同グループの運営会社(株)随縁カントリー倶楽部が再雇用したという。
同グループは、平成12年に随縁CC恵庭コース(旧・丸増ノースヒルGコース、18H、北海道)を取得して、ゴルフ場業界に初参入。これまで取得したゴルフ場は計7コースで、会員制だったゴルフ場は旧経営が会員を整理した後に取得している。→随縁グループゴルフ場
このため、7コースは全てパブリック制で営業しているが、今回の軽井沢900Cは会員を引き継いでの経営交代で、同グループとしては初の会員制ゴルフ場となる。売買価格は推定で15億円。
正平合わせて1000名強在籍する会員の預託金(約1億円、平成15年2月12日に認可決定を受けた再生計画で預託金は99%カット後の1%が10年据置の新預託金となっている。再生手続きは今年3月15日に終結)も同グループが承継し、プレー権も従前通り保障。
また、15年5月に再開した名変は停止せず、クラブ競技は継続して行い、ゴルフ場名も変更する予定は当面内としている。
再生計画に基づいて退会した会員に対する弁済(預託金の1%を平成16年から25年まで分割弁済)等については引き継がないとしている。
=ゴルフ特信=

2006/05/01 名義書換料改定のお知らせ

2006/5/1より値下げ実施
改正前 [正会員] 26.25万 → 改正後 [正会員] 36.75万
改正前 [平日会員] 15.75万 → 改正後 [平日会員] 22.05万
改正前 [週日会員] 13.125万 →改正後 [週日会員] 18.38万

2003/05/06 名義書換料改定のお知らせ

2003/5/6より2005/12/31まで値下げ実施
改正前 [正会員] 52.5万 → 改正後 [正会員] 26.25万
改正前 [平日会員] 31.5万 → 改正後 [平日会員] 15.75万
改正前 [週日会員] 26.25万 → 改正後 [週日会員] 13.125万

2003/05/06 名義書換再開のお知らせ

2003/5/6より2004/5/5まで名義書換再開
名義書換料 [正会員] 26.25万
名義書換料 [平日会員] 15.75万
名義書換料 [週日会員] 13.65万
週日会員・エリア会員:12.5万円

2002/08/01 民事再生手続き開始申請のお知らせ

国際観光開発(株)は、平成14年8月1日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請した。
負債は預託金約130億円を含み約200億円。

2001/07/10 名義書換停止のお知らせ

2001/7/10より名義書換停止
新規名簿作成の為(再開未定)

関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟