goTop

GOLF5カントリーサニーフィールド

 
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース一覧 ゴルフホットラインで最新ニュースを!
2017/08/28 名義書換料半額キャンペーンのお知らせ

同クラブでは、『名義書換料半額キャンペーン』を下記のとおり実施します。
【キャンペーン期間】
平成29年9月1日より同年12月31日まで
【名義書換料】
・第三者譲渡
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]25万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]12.5万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]12.5万円(税別)
・相続/贈与
通常料金[正会員]10万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]5万円(税別)
通常料金[特別平日]5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]2.5万円(税別)
通常料金[平日会員]5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]2.5万円(税別)
・登録者変更
通常料金[正会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]12.5万円(税別)
通常料金[特別平日]12.5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]6.25万円(税別)
通常料金[平日会員]12.5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]6.25万円(税別)
※会員紹介割引について
会員の紹介特典として、第三者名義書換のみ入会者の紹介があれば特別割引を実施します。
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[正会員]20万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[特別平日]10万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[平日会員]10万円(税

2017/07/03 名義書換料改定のお知らせ

同クラブでは、名義書換料半額キャンペーンを予定どおり終了し、平成29年7月1日より名義書換料を改定しました。
【名義書換料】
改定前[正会員]25万円(税別) ⇒ 改定後[正会員]50万円(税別)
改定前[平日会員]12.5万円(税別) ⇒ 改定後[平日会員]25万円(税別)

2017/03/08 書換料半額キャンペーンのお知らせ

同クラブでは、『名義書換料半額キャンペーン』を下記のとおり実施します。
【キャンペーン期間】
平成29年3月13日より同年6月30日まで
【名義書換料】
・第三者譲渡
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]25万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]12.5万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]12.5万円(税別)
・相続/贈与
通常料金[正会員]10万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]5万円(税別)
通常料金[特別平日]5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]2.5万円(税別)
通常料金[平日会員]5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]2.5万円(税別)
・登録者変更
通常料金[正会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]12.5万円(税別)
通常料金[特別平日]12.5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]6.25万円(税別)
通常料金[平日会員]12.5万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]6.25万円(税別)
※会員紹介割引について
会員の紹介特典として、第三者名義書換のみ入会者の紹介があれば特別割引を実施します。
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[正会員]20万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[特別平日]10万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[平日会員]10万円(税

2016/09/30 名義書換料改定のお知らせ

同クラブでは、平成28年10月1日より名義書換料を下記のとおり改訂します。
※名義書換料半額キャンペーンは平成28年9月30日を以って終了
【名義書換料】
改定前[正会員]25万円(税別) ⇒ 改定後[正会員]50万円(税別)
改定前[特別平日会員]12.5万円(税別)  ⇒ 改定後[特別平日会員]25万円(税別)
改定前[平日会員]12.5万円(税別)  ⇒ 改定後[平日会員]25万円(税別)

2016/03/30 書換料半額キャンペーンについて

同クラブでは、現在実施中の『名義書換料半額キャンペーン』を下記のとおり延長します。
【キャンペーン期間】
平成28年9月30日まで
※平成28年3月31日までとしていた減額期間を延長
【名義書換料】
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]25万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]12.5万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]12.5万円(税別)
※会員紹介割引について
会員の紹介特典として、第三者名義書換のみ入会者の紹介があれば特別割引を実施します。
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[正会員]20万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[特別平日]10万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[平日会員]10万円(税別)

2015/09/30 名義書換料半額キャンペーン

同クラブでは『名義書換料半額キャンペーン』を下記のとおり実施します。
【キャンペーン期間】
平成27年10月1日より平成28年3月31日まで(期間限定)
【名義書換料】
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[正会員]25万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[特別平日]12.5万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ キャンペーン料金[平日会員]12.5万円(税別)
※会員紹介割引について
会員の紹介特典として、第三者名義書換のみ入会者の紹介があれば特別割引を実施します。
通常料金[正会員]50万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[正会員]20万円(税別)
通常料金[特別平日]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[特別平日]10万円(税別)
通常料金[平日会員]25万円(税別) ⇒ 会員紹介料金[平日会員]10万円(税別)

2015/09/01 コース名変更のお知らせ

平成27年8月31日付で、同クラブの運営会社(株)エム・アイ・ゴルフの親会社である(株)TG3の経営母体会社が、三井不動産(株)から(株)アルペン(代表取締役:水野泰三・本社:愛知県名古屋市)に交代しました。
(株)アルペンは全国に展開するスポーツ用品店をはじめ、ゴルフ場、スキー場等のリゾート事業を手がけており、これを機に、グループのメリットを最大限に活用するため、コース名を下記のとおり変更します。
@コース名変更
【変更前】サニーフィールドゴルフ倶楽部
【変更後】GOLF5カントリーサニーフィールド
A運営会社・施設保有会社
【運営会社】株式会社エム・アイ・ゴルフ(代表取締役:横川知弘)
【施設保有会社】株式会社TG3

2015/04/01 名義書換料半額キャンペーン期間延長

名義書換料半額キャンペーン期間を平成27年5月31日まで延長します。
【名義書換料】
現行[正会員]25万円(税別) ※通常:50万円(税別)
現行[平日会員]12.5万円(税別) ※通常:25万円(税別)
現行[特別平日会員]12.5万円(税別)※通常:25万円(税別)

2014/03/27 名義書換料半額キャンペーン期間延長

平成26年3月31日までとしていた名義書換料半額キャンペーンを1年間延長
【キャンペーン期間】
平成27年3月31日まで(期間限定)
【名義書換料】
現行[正会員]25万円(税別) ※通常:50万円(税別)
現行[平日会員]12.5万円(税別) ※通常:25万円(税別)
現行[特別平日会員]12.5万円(税別)※通常:25万円(税別)

2013/03/18 名義書換料半額キャンペーン期間延長

平成26年3月31日まで期間延長(1年間延長)
現行[正会員]26.25万
現行[平日会員]13.125万
現行[特別平日会員]13.125万

2012/10/05 名義書換料半額キャンペーン期間延長

現在実施中の名義書換半額キャンペーンの期間を
平成25年3月31日まで延長
キャンペーン料金[正会員]26.25万
キャンペーン料金[平日会員]13.125万
キャンペーン料金[特別平日会員]13.125万

2012/04/02 名義書換料半額キャンペーンのお知らせ

平成24年4月1日より平成24年11月30日受付分まで
改定前[正会員]52.5万   ⇒ 改定後[正会員]26.25万
改定前[平日会員]26.25万 ⇒ 改定後[平日会員]13.125万
改定前[特別平日会員]26.25万 ⇒ 改定後[特別平日会員]13.125万

2011/08/18 名義書換料半額キャンペーン期間延長

平成23年11月30日受付分まで期間延長
現行[正会員]26.25万
現行[平日会員]13.125万
現行[特別平日会員]13.125万

2011/05/23 名義書換料改定のお知らせ

H23年6月1日より平成23年9月30日受付分まで
<名義書換料半額キャンペーンとして>
改定前[正会員]52.5万   ⇒ 改定後[正会員]26.25万
改定前[平日会員]26.25万 ⇒ 改定後[平日会員]13.125万
改定前[特別平日会員]26.25万 ⇒ 改定後[特別平日会員]13.125万

2010/05/26 6/14より名義書換料改定

2009/6/14より名義書換料値下げ改定
改正前 [正会員] 525,000円 → 改正後 [正会員] 262,500円
改正前 [平日会員] 262,500円 → 改正後 [平日会員] 131,250円
改正前 [特別平日] 262,500円 → 改正後 [平日会員] 131,250円
*期間限定 2010/9/30まで

2010/04/01 経営会社合併

【合併前の経営(施設保有)会社】
株式会社サニーフィールドゴルフ倶楽部(代表取締役 森 健)
【合併後の経営(施設保有)会社】
株式会社エム・アイ・ゴルフ(代表取締役 森 健)
運営会社の(株)エム・アイ・ゴルフが経営会社の(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部を吸収合併、存続会社は(株)エム・アイ・ゴルフが全て継承。

2009/06/15 6/15より名義書換料改定

2009/6/15より名義書換料値下げ改定
改正前 [正会員] 525,000円 → 改正後 [正会員] 262,500円
改正前 [平日会員] 262,500円 → 改正後 [平日会員] 131,250円
改正前 [特別平日] 262,500円 → 改正後 [平日会員] 131,250円
*期間限定 2009/9/30まで

2008/10/01 10/1より名義書換再開

2008/10/1より名義書換再開 *新証券のみ書換可能
<個人・法人>
[正会員]52.5万円
[平日会員]26.25万円
[特別平日]26..25万円 
*なお、2008/10/1〜12/1まで(予定)はキャンペーン期間として半額

2008/05/19 森インベスト系列となり、ツアー競技の誘致を目指す

昨年11月に民事再生計画案が可決し、今年2月1日から森インベストメントグループ入りしたサニーフィールドゴルフ倶楽部は、経営を引き継いだ直後からナイター付きのゴルフ練習場の整備に着手し、4月26日にリニューアルオープン。
300ヤード、14打席だった練習場の規模を拡大し、最長350ヤード、45打席にした。
その内の25打席は天然芝(コーライ芝=面積1800平方メートル)で、20打席が人工芝(屋根付き)としている。
さらにバンカー(ロングアイアン使用可)、アプローチ、バッティング(2面)の各練習場も整備した。
加えて、プロによる講義・指導ができるようにレッスン専用ハウスも設けた。
練習場のリニューアル工事費は約1億5000万円。
リニューアルの目的の1つは、JGTOが掲げる「ツアー・チャンピオンズ・クラブ」の基準に合わせることで、その基準にあるレンジは300ヤード以上、25打席以上で芝打席=Aアプローチバンカー設置≠クリアできたとしている。
今回の練習場のリニューアルによりプロツアー競技の開催開場としての受入れ態勢が整ったことから、プロツアーを誘致したい考え。
=ゴルフ特信 提供=

2007/11/16 再生計画案成立

資格保有、会員権発行会社で民事再生手続中の(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部(以下サニーF)と、運営会社・株式会社エス・エフ・ジーの債権者集会が11月14日に開かれ、大多数の賛成で再生計画案を可決、同日東京地裁から認可決定を受けた。
決議結果は、97.52%の賛成、議決権総額では97.72%の賛成で、SFGが出席債権者数4名全員の賛成、議決権総額も100%の賛成で再生法の可決要件を満たした。
再生計画認可決定後にサニーFを会社分割して新たに設立される(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部がゴルフ場資産と事業を引き継ぐ。
その新会社の株式森インベスト(森健社長、東京都港区)が取得する内容となっている。
会員に関する再生条件は、退会会員に対しては預託金の98.92%をカットした1.08%を再生計画認可決定確定の日から1年以内に弁済。
継続会員はカット後の1.08%が新預託金(確定の日から1年据置き)になる。
=ゴルフ特信 提供=

2007/11/02 再生計画案を配布

サニーフィールドGCの資産保有、会員権発行会社で民事再生手続中の(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部は森インベストグループをスポンサーとした再生計画案を会員含む債権者にこのほど配布した。
運営会社の(株)エス・エフ・ジーと共に5月14日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請。
再生計画案では、再生計画認可決定後にサニーFを会社分割して新たに設立された(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部がゴルフ場資産と事業を引き継ぐ。
その新会社の株式を森インベストが取得する内容。
計画案では運営のSFGにも触れ、森インベストグループのゴルフ場運営会社である(株)エム・アイ・ゴルフが、SFGの従業員を継続雇用(退職金を含む労働債権も継承)する。
退会会員に対しては預託金の98.92%をカットした1.08%を再生計画認可決定確定の日から1年以内に弁済。
継続会員に対しては、カット後の1.08%を新預託金(確定の日から1年間据置き)。
ちなみに、サニーFの再生債権者総数は4685名で、再生再建総額は実に890億979万円と巨額。
債権の大部分を占めるのは、サニーFのグループ会社がゴルフ場開発などで借り入れた資金の保証債務で、監督委員の意見書によると約707億円。
この他に会員4679名の預託金債権が169億8456万円余などとなっている。
=ゴルフ特信 提供=

2007/05/18 民事再生手続き開始申請のお知らせ

資産保有、会員権発行会社の潟Tニーフィールドゴルフ倶楽部(以下サニーF)と運営の潟Gス・エフ・ジー(SFG)は、5月14日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
佐藤(五洋物産)グループは12年には秦野CCと清川CCの経営危機が表面化、以後その2コースは再生法や更生法で同グループを離脱していた。
一方、サニーFでは、平成9年7月7日に1回目の償還期限が到来したが、理事会決定で償還を10年間延長。
今年7月に2回目の償還期限が到来することから、昨年から会員で組織した小委員会と再建策を模索していたところ、スポンサーの支援でゴルフ場の再建を目指すのが最善と判断した。
負債は会員(5160名=退会者約400名含む)の預託金で約170億円あり、その他借入債務、滞納税金、関係会社への保証債務があるという。
スポンサー先は、叶Xインベストに内定しており、会員のプレー権の確保の他、再生手続期間の人的・資金支援等も受ける方針で、ゴルフ場の営業を継続しながら再建を目指す。
ちなみに森インベストグループは、オークビレッジGC、かさまフォレストGC(旧・タイホーCC)、裾野CCを経営する再生会社や更生会社のスポンサーとなり、ゴルフ場再建の実績があるとしている。

2007/05/16 経営会社の民事再生手続開始申請について

帝国データバンクによると、サニーフィールドゴルフ倶楽部(茨城県)の経営会社である(株)サニーフィールドゴルフ倶楽部は、平成19年5月14日に東京地裁へ民事再生手続き開始を申請し、同日保全命令を受けました。

2007/05/14 名義書換再開のお知らせ

H19/5/14より名義書換停止
民事再生法申請の為

新着情報をRSSで配信しています。RSS(フィード)とは新着情報を配信する技術のことです。
RSSリーダーに登録することで、新着情報を手軽に収集することができます。
以下のアドレスをRSSリーダーに登録してご利用ください。
RSS1.0 RSS2.0
関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟  関西ゴルフ会員権取引業協同組合加盟